fc2ブログ
2013/04/25

2013 片田舎でイーハトーブをつくる

DSCN2641.jpg
で、プロに頼みました。でも結果は完璧。やっぱり重機を使ったプロの仕事はすごい。自分でやらんでよかった。また、腰悪くするとこだったわい。

DSC02167.jpg
玄関まわりはこんなかんじ



実は、この物件、広い屋敷のいち部分の為、入り口部分がない。入り口はとなりに分筆した土地にあり、この土地にはありません。なので車を入れるどころか自分たちが入るのにも、よっこいしょ、状態なのです。僕の場合、車のレストアが目的の大きな部分を占めているので、ここはやっぱりプロに頼んで車が入れるようにしなければなりません。金かかりそ〜!

DSCN2780.jpg



横の余ったスペースには一番下といちばん上だけに僕の好きなガラスブロックを入れてみよう。全体にいれてしまったら、中のシルエットが見えるからねえ?わしは気にせんけどな。

DSCN2781.jpg


枠にはモールをつけて少しおしゃれに。



DSCN2775.jpg
前についていたトイレのドアをそのままつけた。ペンキで塗るからきれいになる!はず?壁がまだないから、布でもつり下げれば、娘だってもうトイレ使えます。


まず枠をツーバイフォーの角材でつくって。

DSCN2782.jpg
きれいにウォシュレットになりました。でもプロに頼むのはここまで。後は自分でやらなくちゃ。まずとても狭いトイレなので、トビラを外して廊下に扉を移設、洗面台ごと広いトイレスペースにするぞっと。

DSCN2638.jpg
ココはプロに工事してもらって。



DSC_0016.jpg
このポッチャントイレを

DSC_0332.jpg
難しかった。


DSC_0334.jpg

エントツをつけるなんてはじめてだよ、九州だもん。

DSC_0329.jpg
これも仮に床、煉瓦並べてみました。本当に並べただけ。煉瓦も全体に張りたいのですが、他にやりたい事がいっぱいあるので一年はこのままかな?ちなみにこの青い水筒に一日にいっぱいだけ、焼酎お湯割り飲んでいいと自分で決めました。


DSC_0148.jpg
イーハトーブには薪ストーブが必要でしょ。ということで、押し入れのスペースにそのまんま床を抜いてブロックを並べ、ストーブを置いた。このあと床を張ってレンガで耐熱のために覆う。予定?我慢出来ずにもう火入れ式?寒かったんだよ。


DSCN2743.jpg
なんだか説明へたくそで、解らないかもしれませんが、このコンクリの上にチンクをヒッパリ出してあげて、後は単管で屋根をつくる計画です。だってお金なくなっちゃたもん。最初どこかの壁を壊して家の中に入れるつもりだったんですが。意外に計ると部屋がせまい、とゆうかチンク大きい。6畳いっぱいになる。


DSCN2742.jpg
普段使っている愛車が入りました!うれぴ〜
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント